TOPへ戻る
拓殖大学々友会北海道連合会札幌支部会則
平成27年7月25日一部改正
第 1 条 本会は拓殖大学々友会北海道連合会札幌支部と称する。
第 2 条 本会は事務所を札幌支部長宅に置く。
第 3 条 本会は会員相互の親睦融和を図り併せて母校の発展に寄与する事を目的とする。
第 4 条 本会は前条の目的を達成する為次の事業を行う。
(1) 会員相互の親睦連絡に関する事業
(2) 母校の発展に寄与する事業
(3) 会員名簿作成
(4) その他必要な事業
第 5 条 本支部の会員は次の2種とする。但し会費未納者は、その間、会員の権利を停止する。
(1) 正会員   拓殖大学、大学院、拓殖短期大学、拓殖北海道短期大学卒業者にして札幌市内及周辺に居住する者
(2) 推薦会員 かつて本学に学籍を有し、本会役員会の推薦により支部長が承認した者
第 6 条 本支部に次の役員を置く。
支部長・・・1名 副支部長・・・3名 幹事長・・・1名
副幹事長・・・2名 事務局長・・・1名 事務局次長・・・1名
事務局・・・若干名 幹事・・・若干名 常任幹事・・・若干名
会計・・・1名 会計監査・・・2名 監事・・・2名
第 7 条 役員の任期は2ヵ年とし、再任を妨げない。但し欠員により補充された役員の任期は前任期の残任期間とする。尚、任期満了後と謂も後任者就任迄は前任者はその職務を執行する。
第 8 条 支部長は総会に於いて選出し、会務を総理する。
1、 支部長は会議を招集し、その会の議長となる。
2、 定時総会等においては、支部長が議長を指名する事が出来る。
3、 支部長の選出は、他薦、自薦に於いて行うものとする。
第 9 条 副支部長は支部長が任命し、支部長を補佐し、会務を遂行する。
支部長事故あるときは、あらかじめ定められた順序によりその職務を代行する。
第10条 監事以外の役員は支部長が任命し、夫々の職務を分担し、会務を処理する。
第11条 監事は会務を監査する。
第12条 本支部に顧問・相談役を置くことができる。
顧問・相談役は役員会の推薦により支部長が委嘱し重要事項の諮問に応ずる。
尚、その任期は限らない。
第13条 本会に次の会議を置く。
(1) 支部総会  (2) 役員会  (3) 親睦会
第14条 支部総会は毎年1回開催し本会の最高議決機関であり次の事項を審査する。
(1) 会則の審議、予決算の審議、承認
(2) 事業の審議、承認
(3) 支部長、監事の選任
(4) その他重要事項
第15条 役員会は必要の都度支部長、之を招集し、本会の会務を執行する。
第16条 本会の経費は会員負担金、寄附金及びその他の収入による。
第17条 会員負担金として年額3,000円を納入する。(平成23年度改正)
第18条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり3月31日に終わる。
第19条 会務執行上必要ある時は役員会において別に細則を定める。
第20条 本会則は平成8年4月1日より施行する。
以上
拓殖大学学友会北海道連合会札幌支部
慶弔規定
第 1 条 この規程は札幌支部会則第19条に基づき、慶弔に関する規定を定める。
第 2 条 慶弔の給付は次の各号に該当することを原則とする。
1) 結婚祝金 札幌支部会員が結婚した場合 \10,000
2) 香華料 札幌支部会員本人が死亡した場合 \10,000
   又は生花
3) その他慶弔費の寄付 三役会にて協議の上決定する
第 3 条 前条に規定する事項の他、役員が特に必要あると認めた時は三役会にて協議の上、慶弔及び見舞いの給付を行うことができる。
第 4 条 慶弔及び見舞いの給付は札幌支部年会費未納の者には給付の対象としない。
附則 この規定は平成19年6月23日より施行する。
本会設立年月日:昭和26年3月1日
TOPへ戻る