TOPへ戻る
 5月11日(土)北見支部総会を「網走観光ホテル」において、拓殖大学から工藤常務理事、学友会からは北海道連合会の大館代表、岡本事務局長、以上3氏のご来賓をお迎えして、総勢15人の参加を頂き開催しました。
 総会は、校歌斉唱、物故者への黙祷と進み、斉藤支部長から支部の状況・学友会の流れについてお話を頂きました。

 続いて、来賓の工藤常務からは、大学の近況と学生の活躍等のお話があり、全員学生の活躍に喜びと笑顔一杯でした。大館連合会代表は学友会活動に対しての協力と支援のお願いと北海道全体での顔合わせ会の開催を実施したいとの発案もありました。
 総会の議事は太布副支部長が議長となり進行され、平成24年度事業報告及び決算報告と鈴木監事の監査報告を受け承認を頂き、平成25年度の事業計画を提案し承認頂き総会を終了。記念写真の撮影をして会場を出ました。
 懇親会は会場も新たにし、来賓の岡本北海道連合会事務局長の乾杯の発声で宴会を開始しました。

 広い会場でしたが、場所狭しとお互いに酒を酌み交わし、美味しい料理に舌鼓みし、学生時代を思い出しながら、しばらく歓談をしました。太布副支部長の音頭で中〆をして、恒例の二次会へと移動、ホテル内スナックを貸し切り状態で、往時の話とカラオケで盛り上がり楽しいひとときを過ごしました。
 三次会は別途宴会用部屋で夜中まで、グラスを片手に思い出ばなしに、歳を忘れしばし学生時代を思い出し楽しい時間を過ごしました。
翌日は知床での観楓会の開催で再会を約束して、それぞれに自宅へと帰っていきました。
TOPへ戻る